蓄電池の講習会

こんにちは、愛住まいる山川です。
先日親会社のいとう建設で太陽光・蓄電池システムの講習会を受けてきました。
S__30531598.jpg


ご存知かもしれませんが、太陽光発電システムを導入し固定価格買取制度を利用すると、
10年間は固定価格で電力会社へ電気を売る事ができます。
それにより徐々に太陽光発電システムは普及してきました。


この固定価格買取制度は2009年に始まりました。
ということは初期に制度を利用し始めた方は来年2019年に11年目を迎え、
以降は制度適用外で、売電価格についても未だに明らかいなっていないのが現状です。

今の売電単価より大幅に下落すると予想されています。
11年目からは・・・
image1.png
ということになってしまいます。

そこで太陽光で発電した電気は“売る”から“使う”時代へ。
創った電気を自分でうまく使うというのがポイントになってきます。

購入する電気は上がり続けるのは確実なようなので、
自家発電した電気を上手く使い、もったいない事にならないようするには、
創った電気を溜める蓄電池が必要になってきます。


蓄電池は初期投資があるものの、
電気代を抑えるため+災害時の電力確保にも大変有効で注目されています。
災害時に大事な情報収集にはインターネットやスマホが必需品だし、
簡単な炊飯器などで調理が出来ると思えば、安心できますよね。


ランニングコストの面も大事ですが、
保険のようなもので非常時にも家族が安心できる暮らしを確保出来ると思えば、
蓄電池を付ける必要性があるのではないかと思います。


興味がある方はお問い合わせくださいね